ネットセキュリティ.comおすすめセキュリティソフトの紹介>G-DATAシリーズ

G-DATAシリーズ

ヨーロッパでの人気が高いG-DATAシリーズ。開発したG-DATA Software社のあるドイツではシェア1位を誇っています。Kasperskyとavast!の2種類の性格の異なるアンチウイルスエンジンを搭載しており、検出力の高さはカスペルスキーやノートンなどの大手を抑え、AV-TEST.orgにおいて15ヶ月連続1位というお墨付きです。また、対応するパターンファイルの更新頻度や公開速度が非常に早く、さらに未知のウイルスに対応する機能(アウトブレイクシールド機能)や、Internet ExplorerとFirefox用のプラグインが用意されているなど様々な付属機能が搭載されています。ただその一方で、動作が非常に緩慢になると、レビューなどで指摘されましたが、最近、その点を改善したとされるRelease2が発表されました。

価格(パッケージ/ダウンロード)
3,961円/2,980円(1台まで)
スパイウェア駆除
検出率※
99.51%(第1位)
ファイアーウォール
ウイルス対策
個人情報漏えい対策
×
フィッシング詐欺対策
有害サイトへの
アクセス規制

※AV-TEST.orgが算出した検出率 (2009年3月24日付)
※ここでの価格は定価です。

対応OS

Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/UltimateWindows
Windows XP Home Edition/Professional(SP2以降)

 

必要スペック

Windows Vista
  Windows Vista:800MHz以上の32ビットまたは64ビットプロセッサ(1GHz以上を推奨)
   メモリ:512MB以上(1GB以上推奨)
   ハードディスク:500MB以上の空き容量

Windows XP
   CPU:Windows XP:500MHz以上[1GHz以上を推奨]
   メモリ:512MB以上(1GB以上推奨)
   ハードディスク:500MB以上の空き容量

 

インターフェース

アンチウイルス、ファイアーウォールなどの機能別に分けられたメインメニューが左に、その内容が右に出るというシンプルなデザインは見やすいと思います。しかし人によっては右の情報量が多くてわからないという初心者の方もいるかもしれません。また、ウェブの初期設定が厳しく、動画やバナーがブロックされてしまうため、初心者の人は、「画像が見えなくなった」というようなこともあるそうです。

 

機能一覧

ウイルス対策機能
   2種類の定義ファイルでウイルス、マルウェアをブロック
   未知のウイルスに対応するアウトブレイクシールド機能とヒューリスティックの併用
   スパイウェア、ステルスウェア対策も万全
   アイドリングスキャン 
   オンラインゲーム最適化
不正アクセス防止/フィルタリング機能
   ファイアウォール
   攻撃アラート/インターネット緊急停止機能
   フィッシングサイトブロック/フィッシングサイトの自動アップデート
   インターネット利用時間設定
   有害サイト閲覧禁止
迷惑メール防止機能
   外国語メールをカット
   自己学習機能
   スパムメールに利用されるサーバーを常時監視

 

オススメ販売サイト

G DATA インターネットセキュリティ 2009 の購入はこちらへどうぞ!

アマゾンSHOP
G DATA インターネットセキュリティ 2009 1年版/3台用
価格:¥ 4,032