ネットセキュリティ.com>クレジットカードの不正利用対策と知っておきたい保険

クレジットカードの不正利用対策と知っておきたい保険

クレジットカードを使った犯罪も増えています。

インターネットのお買い物などではクレジットカード番号だけでお買い物ができてします。そのため、カード番号を不正に入手することで、不正に買い物をするなどして被害に遭う人も少なからずいます。

そうした被害に遭わないための対策と、また万が一の場合の対応策を紹介していきます。

 

まず、盗難保険という存在を知っておく

クレジットカードには「盗難保険」という万が一の際の保険がセットされています。

なので、基本的に不正利用されたとしても、その被害は保険によってカバーされるようになっています。不正利用に気が付いたら、まずはカード会社に連絡しましょう。

参考記事:クレジットカードの盗難保険を解説。紛失や盗難で不正利用の被害にあった時の補償の仕組み

ただし、一部の例外があります。それは以下の2点です。

  1. カードの暗証番号(4桁)が漏れていた場合
  2. 不正利用から60日以上経過している場合

です。上記の場合は保険が効かない場合があります。

特に(2)については、利用明細のチェックなどをしっかりしておかないと、少額の不正で気が付かなかったなどという事になる可能性もあります。最近は電子化(ペーパレス)になってきているカードが増えているので、ちゃんとこまめにチェックするようにしてください。

参考記事:クレジットカードの不正利用された件と犯人と被害届の提出。予想外の展開にびっくり。

↑こちらは実際に盗難被害に遭われた方の日記です。リアル盗難だったみたいですが、保険でちゃんとカバーされたみたいです。