ネットセキュリティ.comセキュリティソフト勝手にランキング>信頼度ランキング

セキュリティソフト信頼度ランキング

 

セキュリティソフト勝手にランキング~信頼度~ではセキュリティソフトを信頼度に焦点をしぼって勝手にランキングしました。セキュリティソフトに望むものは第一に”ウイルス、スパイウェアの検出力”という人は必見です。

信頼度ランキング

 
ソフト名
総評
1位

セキュリティソフトにおいてもっとも重要視されるといっても過言ではない信頼度(検出力)において第1位を獲得したのはG-DATAのインターネットセキュリティ2009です。パッケージにも登場する検出率99.9%という結果は伊達ではなく、様々なAnti-virusテストで最高評価を得ています。その秘密はカスペルスキーとAvast!という独自の検出エンジンを2つ使用しているため、検出できる幅が広がるという仕組みです。

2位

動作の軽さランキングで第1位だったESET SmartSecury、信頼度においても高いクオリティを発揮しています。このことはSmartSecurity前身であるアンチウイルスソフトNOD32が2005年に起こった価格.comウイルス事件においても新型ウイルスを防いだ数少ないソフトとして証明されました。そこから更にファイアーウォールなどが付属した総合セキュリティソフトがこのSmartSecurityです。軽さ、検出力ともに高水準な優良ソフトといえます。

3位

第3位に入ったのは近年のセキュリティソフト界におけるマルウェア検出力の雄、カスペルスキー社のInternet Security 2009です。上位2つのソフトに比べ、最近のAV-testの結果では劣りますが、知名度や会社自体が持つ信頼度ではやはりまだ一歩先をいきます。これまで検出力以外の動作の軽さや値段などで大手のノートンなどには遅れをとっていましたが、2009では動作軽減で大きな進歩を遂げ、安定感のある仕上がりになっています。

4位

世界シェアNo.1の意地、ノートンのInternet Security2009が4位に入りました。全体的なランキングを見てもどこでも平均的に上位に食い込んでいるところからもこのソフトの総合的なクオリティがわかると思います。また、マルウェア検出力もさることながら、ノートンの総合セキュリティソフトとしての多機能ぶりも高い信頼度を支える一因となっていることは確かでしょう。

5位

他の有名ソフトを抑えて5位にランクインしたのはF-secureインターネット セキュリティ2009。2009年2月に行われたAV-testではここでの上位であるノートン、カスペルスキー、ESETを押さえ、3位に食い込む高い検出力を持っています。その高い検出力を支えるのは、それぞれウイルスやスパイウェアなど様々な分野に特化した4つのマルウェア検出エンジンです。

●その他ランキング

以下のランキング結果から総合的にオススメするソフトのランキングを紹介しています。
インターフェースやサポートなどのパソコン初心者へのサービスに重点を置いたランキングです。
低スペックパソコンやネットブックでも楽々動く、動作の軽いセキュリティソフトのランキングです。
何よりもまずお値段!価格に注目したランキングです。