ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>アンチウイルスソフトの導入

アンチウイルスソフトの導入

 

コンピュータウイルスに感染した場合、自力で駆除するには高度な技術と知識が必要になることが多々あります。しかし自動でそのような治療を行ってくれるのがアンチウイルスソフト(ワクチン)です。このようなソフトは多くの場合がパソコンで常に監視し続ける(常駐)ので不正アクセスや危険なサイトからの感染を未然に防いでくれます。また、感染してしまった場合もその駆除を自動的に行ってくれます。その種類は、ウイルスバスター、ノートン、マカフィーなどの有名かつ有料のものからAvast、AVGなどの無料のものまで多岐にわたります。興味がある方はおすすめセキュリティソフト紹介無料セキュリティソフトをご覧ください。


▲アンチウイルスソフトはPCを守ってくれる強い味方だ。

 

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト