ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>IE以外のブラウザの使用

IE以外のブラウザの方が安全?

 

WINDOWSのユーザーであればデフォルトのブラウザであるIEを使用している人が多いと思います。しかしそれがハッカーの標的になることもありえるのです。使う人が多いほど多くの感染が見込めるため、ハッカーはIEの脆弱性を狙うことが多いといわれています。その脆弱性に対応した修正パッチは発見され次第、WindowsUpdateで配布されることになりますが、Updateを怠ると悪質なサイトを閲覧した際に脆弱性を悪用されウイルスやスパイウェアに感染してしまうのです。
そこでIE以外のブラウザを使います。IE以外のブラウザであればIEの脆弱性を利用した攻撃の被害を受けません。ブラウザにはFirefoxやOpera、Slepinirなど様々なものが開発されていますがどれを選ぶかは好みによって分かれるところです。タブブラウザ比較などを参考に選ぶことをオススメします。


▲どれも高性能なブラウザ。選択は個人の好みでどうぞ。

 

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト