ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>ウイルス感染が疑えるチェックリスト

ウイルス感染が疑えるチェックリスト

 

最近のウイルスは感染していることがわかるような愉快犯的行動はほとんど行いません。その代わり、深刻な被害を残すものが増えてきています。そのようなウイルスの示す些細な症状をあげてみました。下記のような症状が複数あれば感染を疑うべきです。

 

 


パソコンの動作が急に遅くなった
インターネットの通信速度が、遅くなった
パソコンやアプリケーションがフリーズしたり異常終了したりする。
身に覚えのないメールやメッセージが表示される
覚えのないアプリケーションがインストールされている
見覚えのないアイコン、ファイルがある
ウイルス対策ソフトが起動できない
大量にメールを送った痕跡がある
画面上の表示が崩れる
ブラウザに心当たりのないツールバーが追加されている
ブラウザを起動したときのページがいつもと違う
デスクトップにおかしな広告がでてくる


上記の複数が当てはまった方はアンチウイルスソフトによるウイルススキャンを行うことをオススメします。また、アンチウイルスソフトをお持ちでない方は無料のオンラインスキャンを利用するといいでしょう。(駆除はできません)

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト