ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>データ実行防止って?

データ実行防止って?

 

データ実行防止(DEP)機能とはWindows XP SP2から搭載されたのセキュリティ機能の一つです。ウイルスやワームなどがコンピュータを不正に操作して乗っ取るのに利用する「バッファオーバーフロー」攻撃などを防ぐことができるといわれています。しかしその反面、無害なプログラムの動作も阻害することがあります。そういった場合はDEPから除外するプログラムを指定することもできます。具体的にはマイコンピュータの左バーにある「システム情報を表示する」>詳細設定>パフォーマンス>データ実行防止で下の設定画面にたどり着きます。


▲有効な対策である反面、無害なプログラムにも影響が。

 

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト