ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>コンピュータウイルスって?

コンピュータウイルスって?

 

コンピュータウイルスとは単純にいえばコンピュータに被害を及ぼす不正なプログラムを指すものです。感染したファイルを(多くの場合、感染していることを知らずに)複製することによってウイルスが広がっていく様子が、生物におけるウイルスが増殖していく様子に酷似していることからこの名前がつきました。
 ウイルスの感染経路としては電子メールやネットワークのファイル共有、果てはホームページを見ているだけで感染するものもあります。


▲突然降りかかるウイルスの恐怖


 また、ウイルスに感染した場合、パソコン内のデータの消失、改変、クレジットカード番号などの重要な情報の漏洩など様々な被害を受けることになります。また、自分自身もウイルスの媒介者となる可能性さえあるのです。加えて、コンピュータの一般化にともない、ウイルスの種類も膨大に増え、現在ではすべての人々がコンピュータウイルスに感染する可能性を持っているといっても過言ではありません。経路や兆候もウイルスによって異なるため、個人個人での対策が必要となってきています。

 

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト