ネットセキュリティ.comネットセキュリティの基礎知識ウイルス対策>ウイルスの種類

ウイルスの種類

 

コンピュータウイルス、と一口にいってもウイルスはその活動や被害によって様々な種類に分類されています。ここでは、そのうちいくつかの種類を紹介していますが、ウイルス自体は常に新しいものが生まれています。ここで手に入れた情報に頼らず、常に情報更新を行いましょう。

 

ウイルス

広義におけるウイルスという言葉の意味はコンピュータウイルスとは?で述べた通りですが、ここでは狭義の「ウイルス」について説明します。
  狭義でウイルスといえばコンピュータウイルスの分類のひとつで、「他のプログラムに寄生して、ユーザの意図と無関係に自己複製を行い、多くの場合不利益をもたらすプログラム」と定義されています。つまり、ウイルスファイル自身は何の悪さもできないプログラムの断片であって、宿主のパソコン内のファイルに寄生して初めてその機能を発揮できるものです。感染経路としてはFDやUSBメモリ、外付けHDDなどのリムーバルディスクや電子メールの添付ファイルなどがあげられます。この種類のものは感染しても以前から存在していたファイルのサイズが多少増えるなどの兆候しか見られないものが多いので発見にはアンチウイルスソフトが必要です。

ワーム

ウイルスとは異なり、それ自身で実行可能な悪意のあるプログラムファイルをワームとよびます。自分自身で目的の行動を実行できるため、宿主となるファイルが必要ないのが特徴です。感染経路としてはネットワークを介して、攻撃先のシステムのセキュリティホールを悪用して侵入する事が多いといわれています。

トロイの木馬

一見、有用なアプリケーションや興味をそそるファイルのように見せかけ、その一部にコンピュータのデータを盗み出したり、他ユーザーへの侵入経路をつくったりなどの不正な動作をさせる機能を備えたものです。感染経路としてはユーザーが自分の意思でインストールすることが多いようです。しかしトロイの木馬については利用規約などでコンピュータの情報を送信するなどを明記しているアプリケーションなども多いため、どこまでがトロイの木馬であるかという明確な基準はありません。その名が知られているように日本国内でも有名企業や銀行などで被害があるほど広がっているコンピュータウイルスです。

コンセプトウイルス

ある種のセキュリティホールの問題を提起するため、技術的な実証実験に用いられるコンピュータウイルスのことをコンセプトウイルスといいます。簡単にいえばパソコンに問題がないか調べるための実験に用いられる実験用ウイルスです。悪用が目的でない場合、蔓延することはほとんどありませんが、ウイルス製作者が実験的に蔓延させる場合もあります。このウイルスに感染した場合、実際的な被害はあまり感じられませんが、他の危険なウイルスに感染することがあります。

ロジックボム

ある種のセキュリティホールの問題を提起するため、技術的な実証実験に用いられるコンピュータウイルスのことをコンセプトウイルスといいます。簡単にいえばパソコンに問題がないか調べるための実験に用いられる実験用ウイルスです。悪用が目的でない場合、蔓延することはほとんどありませんが、ウイルス製作者が実験的に蔓延させる場合もあります。このウイルスに感染した場合、実際的な被害はあまり感じられませんが、他の危険なウイルスに感染することがあります。

ボット

2005年より広まり始めた複合型のウイルスです。特徴としては主なソースコードが公開されているため、様々な改変が容易であるということがあげられます。主な感染経路は電子メールや不正アクセスです。パソコンに侵入して不正に制御、感染拡大などの動作を、所有者が気づかないうちに実行します。悪意のある他者が不正に制御する場合、特定のサイト攻撃などに用いられることがあります。

              
 

 

関連する項目

コンピュータウイルスって?
アンチウイルスソフトの導入
WindowsUpdateについて
ソフトウェアの更新を
データ実行防止って?
怪しいURLにはご注意!
怪しいファイルに気をつけて
Outlook Expressでの注意
IE以外のブラウザの使用
バックアップの重要性
ファイル共有ソフトの危険性
「システムの復元」の利用
無料セキュリティチェックを利用しよう
ウイルス感染チェックリスト